はま寿司は新型コロナウイルス対策として回らない寿司へ

はま寿司は新型コロナウイルス対策として回らない寿司へ

新型コロナウイルス怖いですね~。

はま寿司では、新型コロナウイルス対策として開店レーンでの商品の提供をタッチパネルで注文された商品のみとすることにしています。

 

スポンサーリンク

はま寿司は新型コロナウイルス対策として回らない寿司へ

2020年3月3日、はま寿司より以下のような発表がありました。

新型コロナウイルス感染拡大にともなう商品提供方法の変更について
全商品ご注文提供へ

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さまおよび関係者の皆さまに、心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い快復をお祈り申し上げます。

株式会社はま寿司(代表取締役社長:石井 憲一 本社:東京都港区)が展開する 100 円寿司チェーン「はま寿司」では、この度の新型コロナウイルス感染拡大に鑑み、お客様により安心してご利用いただくため、3 月 3 日(火)から全店で回転レーンでのご提供を、タッチパネルでご注文いただいた商品のみに変更させていただきます。

お客様にはご不便をお掛けすることもございますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

分かりやすく言うと?

難しいこともないんですが、基本、回っているお寿司はなく、タッチパネルで注文されたお寿司だけ回ってくる、ということです。

なので、タッチパネルは使わずに回っているお寿司ばかり食べていた方にとっては、ちょっと面倒臭くなったと思います。

分かりやすく言うと?

  • タッチパネルで注文しないと食べられない
  • タッチパネルで注文したものだけが回ってくる

はま寿司のお寿司の回り方?

はま寿司のお寿司の回り方って表現もおかしいですが、昨年はま寿司に行った時の写真を確認してみたところ、はま寿司で回っているお寿司には「フタ」や「カバー」のようなものはなく、むき出しの状態で回ってますね。

はま寿司のお寿司にはフタやカバーが付いていないので、衛生面が気になる人もいるかも(2019年撮影)

普段は気にならないんですが、これだけ新型コロナウイルスが世間を騒がせている中でフタやカバーがないのはちょっと嫌ですね。

個人的には全く問題なし

個人的には、回っているお寿司を取ることはなく全てタッチパネルで注文しているので、回っているお寿司が無くても全く問題ありません。

昔は回っているお寿司だけを食べてたんですが、いつの間にか回っているお寿司を食べなくなりましたね~。

はま寿司は新型コロナウイルス対策として回らない寿司へ まとめとあとがき

マスクとかティッシュ、トイレットペーパーなど、新型コロナウイルスのおかげで面倒なことになってきていますね~。

外出を控える方も多いはずなので、はま寿司をはじめ外食産業全般が苦しい状況になってきていると思いますが、頑張ってほしいところです。

早くウイルスなんて気にせずはま寿司食べに行けるようになりたい…。

スポンサーリンク